Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データ保護機能など強化したセキュリティ新製品のベータ版を公開 - Kaspersky

Kaspersky Labs Japanは、コンシューマー向け総合セキュリティ製品「Kaspersky PURE」のパブリックベータ版を公開した。正式版は2011年3月に提供予定。

同製品は、「Kaspersky Internet Security」のセキュリティ機能にくわえ、データ保護機能や個人情報保護を中心とした新機能を搭載した総合セキュリティ製品。

データ暗号化機能では、暗号化された「データコンテナー」を提供。重要ファイルを保管することで、データへのアクセスを制限できる。

またパスワードマネージャー機能では、ウェブサイトやアプリケーションごとに設定されているアカウント名とパスワードを一元管理するほか、パスワードの自動生成やログイン情報の自動更新なども可能。

そのほか、データバックアップ機能や復元機能なども備えている。パブリックベータ版は、2011年2月28日までKaspersky Lab Forum内のベータテストフォーラムからダウンロードできる。

(Security NEXT - 2010/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加