Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

図書館システムの不具合でMDISが謝罪 - 流出件数は約3000件

三菱電機インフォメーションシステムズは、同社が開発した図書館システムの不具合について詳細を公表し、謝罪した。

複数図書館の利用者情報が混入した図書館システムを、別の複数図書館へ納入していたもの。流出件数は、愛知県岡崎市、宮崎県えびの市、東京都中野区の3図書館あわせて約3000人分にのぼるという。

同社では、同システムを採用しているすべての図書館を対象に調査を実施。含まれる個人情報がすべて削除されたことを、11月19日に確認した。

また今年3月から5月にかけて岡崎市立中央図書館のシステムで発生したアクセス障害にについて言及している。

(Security NEXT - 2010/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報関連の事務処理ミスを公表 - さいたま市
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市
抽選結果の通知メールを誤送信、メアド流出 - 都立図書館
図書館からボランティアへのメールで誤送信 - 鎌倉市
イベント申込者情報をサイト上で公開 - 宮崎県立図書館
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大
市立図書館が個人情報含む予約カードを紛失 - 堺市
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大