Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

抽選結果の通知メールを誤送信、メアド流出 - 都立図書館

都立多摩図書館において、講演会の参加当選者へ送信したメールでミスがあり、メールアドレスが流出したことがわかった。

都によれば、1月29日20時ごろ講演会の参加当選者へ送信した抽選結果を知らせるメールにおいて、送信ミスが発生したもの。担当者がメールアドレスを誤って宛先に入力したため、当選者280人のうち、231人分のメールアドレスが受信者間で表示される状態となった。

送信より数分後、受信者から連絡が寄せられ、誤送信が判明。対象となる当選者にメールで謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託事業者が受給者証交付者リストを別の医療機関に誤送付 - 大阪市
設定ミスでメールを誤転送、姓と名を逆に入力 - 筑波大
アンケートメールを誤送信、氏名やメアド流出 - 鉾田市
最高裁でメール誤送信、修習資金被貸与者の個人情報が流出
クラウドの誤設定で顧客情報がアクセス可能に - 衣料品メーカー
メール誤送信で講習会参加予定者のメアド流出 - 江戸川区
メルマガで誤送信、企業担当者のメアド流出 - 福岡市
ワクチン接種会場の医療従事者情報が流出、外部サービス経由で - 茨城県
非当選者に誤ってプレゼント当選メール、別人の氏名も - ECC
児童相談所などが支援児童の住所を秘匿対象者に漏洩 - 横浜市