Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

図書館でメール誤送信、講座受講者のメアド流出 - 新潟青陵大

新潟青陵大学は、同大図書館において公開講座の受講者に関するメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同大によれば、2月14日に同大図書館と新潟子どもの本を読む会で共催した公開講座「絵本の世界を旅するII」の受講者75人にメールを送信。その際に送信先を誤って「CC」に入力したため、受信者間でメールアドレスを閲覧できる状態となったという。

同月17日に誤送信が判明。翌18日に対象となる受講者に対して書面を送付し、謝罪するとともに誤送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2022/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【特別企画】都が中小企業のセキュリティ対応力強化を支援 - 検知や復旧体制の構築をサポート
ニコニコ動画にサイバー攻撃 - サービスを一時停止
バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
委託先でランサム感染、被害ネットワーク内に個人情報 - 徳島県
高校よりレターパックで送付された申請書類が所在不明 - 東京都
「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に脆弱性 - すでに攻撃も
設定ミスでメールを誤転送、姓と名を逆に入力 - 筑波大
住民関連の情報をLINEグループに投稿、職員を懲戒処分 - 湖南市
「PHP」に深刻な脆弱性、Windows版に影響 - アップデートがリリース
ランサム被害が発生、個人情報流出の可能性も - 情報処理会社