Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、検査項目を追加した「SIP脆弱性検証ツールV2.0」の貸出を開始

情報処理推進機構(IPA)は、インターネット経由の音声通話などで利用されているプロトコル「SIP」の脆弱性を検証できるソフトウェアの機能強化を実施し、貸し出しを開始した。

「SIPに係る既知の脆弱性検証ツール」は、SIPを実装した製品の脆弱性をチェックできるソフトウェア。同機構では2009年4月より無償でソフトウェアを収録したCD-ROMの貸し出しを行っている。

最新版となる「同V2.0」では、「DoS攻撃」「パスワード解読」などあらたに5種類の脆弱性について検証項目を追加した。脆弱性検証に使用するシナリオ数については、前バージョンの31件から265件へ大幅に強化している。

(Security NEXT - 2010/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
林業機械の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
QNAP製NASを狙うマルウェアに警戒を - 世界で約6.2万台が感染
Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を
トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
「Firefox 79」がリリース - 脆弱性10件を修正