Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託配達員がクロネコメール便約2万1000件を放置、一部は焼却処分

ヤマト運輸は、同社のクロネコメール便において約2万1000件の未配達が発生していたことを明らかにした。

同社によれば、発送依頼主から一部区域のメール便が届いていないとの問い合わせがあり、11月17日から19日にかけて調査を実施。その結果、京都の亀岡支店の委託配達員が約2万1000件のクロネコメール便を自宅に放置し、一部については焼却していたことがわかった。

放置されていたのは、2009年11月から2010年11月の間に、法人から京都府亀岡市向けに発送されたメール便。同時期から扱うメール便の数量が増加し、当日中に配達できなくなったため、カタログやダイレクトメールなどを選別して自宅物置に放置していたという。

同社では、対象となる依頼主に報告や謝罪を行い、未配達の荷物について個別に対応するとしている。同社では昨年11月にも同様の未配達が発覚していることから、あらためて再発防止を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2010/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

心当たりないクレジット契約の通知に見せかけたマルウェアメール
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
ランサム攻撃発動しない「WannaCrypt」亜種が拡散 - 潜伏に注意
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市
サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - アリアファーム
研究室など教育機関でサイト改ざん - 脆弱な野良サイトが多数放置
カスペルスキー、2017年版をリリース - ソフトの断捨離機能も
体制不備を指摘、事後対応では類似被害防止に貢献 - J-WAVE調査報告書
県立高で生徒指導カードが所在不明、廃棄ロッカーなどに放置 - 大阪
顧客リストが公園の立入禁止区域に放置 - NTT西