Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日米中から世界規模に広がる改ざん - セキュアブレイン調査

セキュアブレインは、同社が9月に検知した不正サイトの状況を取りまとめた。不正サイトの減少傾向は続いているが、不正改ざんサイトのみわずかながら増加が見られた。

レポートによれば、9月に「危険」と判定されたサイトは4342件で、8月の4630件から減少した。フィッシング詐欺サイトは2097件、ワンクリック不正請求サイトは981件、不正プログラム配布サイトは361件、不正攻撃サイトが258件と、いずれも前月より減少している。

101101sb1.jpg
(図:セキュアブレイン)

全体的に減少傾向だったなか、不正改ざんサイトのみ前月の631件から645件に増加した。同社によれば、背景に世界各地に広がっている改ざん被害があり、2009年9月は日本、米国、中国で改ざんが確認されたが、2010年3月以降はロシア、アラブ、インドネシア、フランス、韓国、台湾など拡大している。

海外サイトには一部運営がずさんなものもあり、改ざんされたまま放置し続け被害が拡大しているケースも見られるとして、閲覧する場合には十分な注意が必要と指摘している。

(Security NEXT - 2010/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
2016年3Qのランサム検出、過去最多 - 感染被害報告は改善
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも
子どものスマホ利用、アプリなど利用制限する保護者は4割以下
不正広告経由で脆弱性攻撃サイトに900万件のアクセス
急増するTLD、一部は危険サイトの巣窟に
国内法人でランサムウェアの被害が深刻化 - 共有ファイルが人質に