Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「情報セキュリティ標語・ポスターコンクール」の入選作品を発表

情報処理推進機構(IPA)は、「第6回IPA情報セキュリティ標語・ポスターコンクール」の入選作品を発表した。

同コンクールは、情報セキュリティ対策に関する啓蒙活動の一環として小中高校生を対象に実施しているもので、同機構が韓国インターネット振興院(KISA)との共同事業の一環として2006年から開催している。

第6回を迎えた今回は、前回を大きく上回る標語8118作品、ポスター558作品の応募があり、審査委員会がそれぞれ大賞を決定、そのほか入選作品50作品を選出した。授賞式は、2010年10月28日に明治記念館で開催する「IPA Forum 2010」を予定している。

標語部門の大賞は、第3回でラック賞、第5回でトレンドマイクロ賞を受賞した経験がある新潟市立万代長嶺小学校、坂井敏法さんの作品「パスワード ぼくだけ知ってる たからもの」が選ばれた。

(Security NEXT - 2010/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
若年層向け啓発コンクールの受賞作品が決定 - あらたに文科大臣賞も
学生向けセキュリティコンクールの受賞候補作品を公開 - 意見を募集
IPA、学生向け啓発コンクールの作品募集を開始 - テーマは「ことばの力」
IPA若年層向け情報啓発コンクールの受賞作品を決定 - 応募作品は過去最多の3万3335点
IPA、若年層向け啓発コンクールの作品募集をスタート - 2014年は「硬筆」も
IPA学生向けセキュリティ啓発コンクールで受賞作が決定 - 学校39校が特別賞
IPA、若年層向け啓発コンクールで作品募集開始 - メインテーマは「スマホのルール」
学生対象のセキュリティコンクール、受賞候補作品への意見募集開始