Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無料のメールフィルタリングソフトを提供開始 - Cloudmark

Cloudmarkは、個人や小規模企業を対象とした無料のスパム対策ソフトウェア「Cloudmark DesktopOne」の提供を開始した。

同製品は、Windows端末においてスパムやフィッシング、ウイルスが添付されたメールなどを判別し、排除できるソフトウェア。インストール後、メールアカウントを自動的に検出し、同社検知技術「Advanced Message Fingerprinting」や利用者によるフィードバックをもとに、フィルタリングを行うことができる。

「Microsoft Outlook」や「Thunderbird」をはじめとするメールクライアントのほか、POPやIMAPをサポートするウェブメールに対応。フィルタリングしたメールは、隔離ウィンドウで確認して今後の処理を設定できる。

複数のメールアカウントを一元管理したり、詳細をカスタマイズできる有償版「Cloudmark DesktopOne Pro Mode」も用意している。

(Security NEXT - 2010/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン