Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性が存在するかさえわからなくなる「サポート終了」

7月の大きな話題のひとつとして、主要OSのサポート終了が注目されている。

提供元であるマイクロソフトでは、かなり前から繰り返しアナウンスを行っているが、「Windows 2000」と「Windows XP Service Pack2」のサポートが中止となった。「サポート終了」による影響は、「セキュリティ更新プログラムの提供が中止されるだけ」ではない点に注意しておきたい。

サポート中であれば、影響力が大きい脆弱性が発見されると、注意を喚起などのためにアドバイザリが公表され、利用者は脆弱性が与えるインパクトや、緩和策など有益な情報の提供が行われる。「Fix it」などもそのひとつだ。

しかし、サポート対象外となったOSについては、そういった脆弱性の情報についても原則提供されなくなる。またサポート中のOS向けにアドバイザリが提供されても、そもそもそれがサポート終了OSに同様の影響を及ぼす脆弱性であるか、否かさえもわからない。

(Security NEXT - 2010/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測