Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ショートカット」に脆弱性、「表示するだけ」でコード実行のおそれ

「Windows」で利用されている「ショートカットファイル」の処理に脆弱性が含まれていることが判明し、複数のセキュリティの専門機関が注意喚起を行っている。細工されたファイルを表示するだけでコードが実行されるおそれがあり、すでに悪用も確認されている。

「Windows」において、他ファイルへの参照に利用される「ショートカット」のファイル処理に脆弱性が判明したもの。細工が施されたファイルを「Windows Explorer」上で表示することにより、コードが実行される可能性がある。

ローカル環境やリモート環境のほか、USBメモリや外部メディア上でも影響を受けるため、オートラン機能などを悪用してショートカットファイルを表示されるといった攻撃も可能となっている。

すでに脆弱性を悪用するマルウェアも確認されており、国内外のセキュリティ機関が注意喚起を実施。緩和策として、攻撃に悪用されるおそれがあるオートラン機能の停止や、ユーザー権限のコントロールなど対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性