Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNS上の位置情報公開に注意 - 空き巣に悪用される場合も

夏期休暇を前にして、Panda Securityはソーシャルネットワークをはじめとするネット上のサービスで詐欺被害に遭わないよう、対策の実施などを呼びかけている。

最近では、旅行計画の公表や位置情報の配信が行えるソーシャルネットワークサービスが人気を集めており、スマートフォンからも利用されているが、こうした公開情報を入手し、空き巣に悪用されるおそれがあると同社は指摘している。

すでに閉鎖されているものの、こうしたサービスから入手した情報をもとに在宅情報を配信し、「私からどうぞ盗んで」という意味がある「PleaseRobMe」といったサービスが一時登場したという。

また同社では、休暇中における注意として、バックアップの実施やPCにおけるセキュリティ対策の実施、盗難対策、ブラウザのプライバシー保護などについても注意を呼びかけている。また自分以外のコンピュータを利用する際に情報が盗聴されるおそれがあるとして、安易な利用を避けるよう推奨している。

(Security NEXT - 2010/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
【特別企画】デジタルネイティブの新社会人、企業はいかに向きあうべきか
セキュリティ情報の共有に特化したソーシャルネットワーク基盤 - 日立システムズ
米国でも災害便乗のサイバー攻撃に警戒強まる - 日本やエクアドルでの地震発生受けて
iOSのSafariでアドレスバーをタップするとクラッシュ - 国内外で多数報告
「pixiv」関連サービスで個人情報漏洩 - キャッシュ設定ミスで
偽Facebookが発生、アカウント情報奪われないよう注意を
ALSI、夏休みの期間限定でフィルタリングソフトを無償提供
LINE、アカウント乗っ取り被害防ぐ新作戦 - PW変更で「スタンプ」をプレゼント
mixiで26万件超の不正ログインが発生 - 試行回数は430万回以上、今なお攻撃が継続