Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アマゾン偽装メールでウイルス感染 - 攻撃多彩、ゼロデイ攻撃も

国内を含むワールドワイドで、「Amazon.com」をはじめとする大手通販サイトの注文確認に見せかけたスパムメールが発生している。

G Data Softwareが英文によるスパムメールを確認したもの。HTMLメールにより実際のメールと酷似したデザインで、「Your Amazon.com Order」といった件名で送信されているという。

注文に身に覚えがないユーザーを不正サイトへ誘導するために送信されており、記載された内容を確認しようとウェブサイトへアクセスした場合、セキュリティ更新パッチが提供されていない「Windows」の「ヘルプとサポートセンター」をはじめ、PDFやFlash、JREの脆弱性を攻撃され、ウイルスへ感染するおそれがある。

(Security NEXT - 2010/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響