Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

著名セキュリティ対策ソフト36製品で指摘された「KHOBE」の脆弱性にセキュリティベンダーが反論

G Dataは、Matousecの公表方法や対応を不透明であることや、同社レポートの対価がバランスを欠いている点などを挙げ、批判するコメントを出した。

一方F-Secureでは、今回見つかった脆弱性について「深刻な問題であり技術的な調査結果は正しい」との見方を示したが、ウイルス対策のしくみを壊すものではないとし、脆弱性が与えるインパクトについて疑問を呈している。

従来から存在するマルウェアの検知に影響なく、未知のマルウェアにおいてのみ影響を受ける可能性があるとし、その場合も同社製品で一部の検知機能が回避されるおそれがあるものの、多段階の対策により防御できると説明している。

フォティーンフォティ技術研究所の村上純一氏は、同社ブログで今回の問題に触れ、セキュリティ対策ソフトが機能を実現するためにOSのAPIではなく、独自の処理を行わせる「APIフック」における問題について取り上げ、ファイルオープン時のコード例を踏まえながら詳細を解説した。

(Security NEXT - 2010/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS月例パッチが公開、脆弱性35件を修正 - 一部ですでに悪用も
「ColdFusion 2018」に権限昇格の脆弱性
「Windows」ゼロデイ脆弱性、「Chrome」狙う水飲み場攻撃で悪用
「Adobe Acrobat/Reader」に複数の深刻な脆弱性 - 更新リリース
ブラウザ「Kinza」にXSS脆弱性 - 更新がリリース
OpenSSLに重要度「低」の脆弱性 - 更新用意なし
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も