Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

著名セキュリティ対策ソフト36製品で指摘された「KHOBE」の脆弱性にセキュリティベンダーが反論

セキュリティ調査会社のMatousecが、著名なセキュリティ対策ソフトの多くにウイルス検知が回避される脆弱性があると5月5日に公表したが、今回の件について脆弱性を指摘されたセキュリティベンダーからさまざまな反応が出ている。

Matousecが指摘した脆弱性は、「KHOBE(Kernel Hook Bypassing Engine)」攻撃に対する脆弱性。一部検知機能が回避されるもので、同社の主張では36のセキュリティ対策ソフトに同問題が含まれる。

リストを見ると「avast!」「AVG」「BitDefender」「ESET」「F-Secure」「G DATA」「Kaspersky」「Norton」「McAfee」「Sophos」「VirusBuster」をはじめ、国内で提供されている多くの製品が含まれる。

今回の問題でG Data Softwareは、脆弱性の修正作業を進める一方、同脆弱性について「机上の空論で、現実的には使用されることはまずない」として「おそれる必要なし」と主張している。

(Security NEXT - 2010/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず