Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

著名セキュリティ対策ソフト36製品で指摘された「KHOBE」の脆弱性にセキュリティベンダーが反論

セキュリティ調査会社のMatousecが、著名なセキュリティ対策ソフトの多くにウイルス検知が回避される脆弱性があると5月5日に公表したが、今回の件について脆弱性を指摘されたセキュリティベンダーからさまざまな反応が出ている。

Matousecが指摘した脆弱性は、「KHOBE(Kernel Hook Bypassing Engine)」攻撃に対する脆弱性。一部検知機能が回避されるもので、同社の主張では36のセキュリティ対策ソフトに同問題が含まれる。

リストを見ると「avast!」「AVG」「BitDefender」「ESET」「F-Secure」「G DATA」「Kaspersky」「Norton」「McAfee」「Sophos」「VirusBuster」をはじめ、国内で提供されている多くの製品が含まれる。

今回の問題でG Data Softwareは、脆弱性の修正作業を進める一方、同脆弱性について「机上の空論で、現実的には使用されることはまずない」として「おそれる必要なし」と主張している。

(Security NEXT - 2010/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ