Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月のスパム率は89.22%、対フィルタリングと見られるIPアドレスURL付きスパムが急増

シマンテックは、4月のスパムメールの動向について、月例スパムレポートとして取りまとめた。掲載されたリンクのURLに、「ドメイン」ではなく「IPアドレス」が使われたスパムの急増が目立っている。

同レポートは、同社が調査用に用意した200万件のアカウントを使用し、世界20カ国から収集したメールから、スパムに関する傾向を分析したもの。レポートによれば、4月の全流通メールに占めるスパムの割合は89.22%で、3月の89.34%とほぼ同水準での推移となった。

添付ファイル付きスパムが3月から引き続き増加傾向にあることから、平均容量が上昇。5Kバイトから10Kバイトのスパムは4ポイント以上、10Kバイト以上のスパムは9ポイント以上増加した。

一方、フィッシング攻撃の総量は33ポイントの目立った増加が見られた。フィッシングツールキットを使った攻撃は前月比77ポイントの増加。また特定URLへの攻撃は29ポイント、特定IPへの攻撃も3ポイントと、全体的に増加している。

(Security NEXT - 2010/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加