Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

所有者不明ファイルの実質利用者を特定できる新機能を備えたDLP製品 - シマンテック

さらにストレージ向けの漏洩対策に新機能を用意。共有ドライブなどに保存されたデータについて、利用者を特定を支援する「DLP Data Insight」を追加した。

同機能を利用することにより、プロパティ上で正しい所有者設定がされておらず、所有者がわからないファイルについても、ファイルへのアクセス状況を分析し、ファイルの実質的な利用者を追跡することが可能となる。

また一部機能省略し、USBやメール、光ディスク、印刷、ウェブ経由の漏洩などに機能を特化したエントリー向けラインナップ「同Standard」を追加している。

100519st1.jpg
エントリー版となる「同Standard」との機能差一覧

(Security NEXT - 2010/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
ネット上の脅威リスク評価機能を追加 - NRIセキュア
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC