Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Twitterを命令経路に悪用するボット - ツイートでDDoS攻撃やウイルスを実行

人気SNSサービス「Twitter」を命令の送信経路に利用するボットネットのSDK「TwitterNET Builder」が複数のセキュリティベンダーによって確認されている。同ボットについて、BitDefenderが操作に用いられるコマンドについてまとめている。

ボットの操作に用いられるコマンドは、引数とあわせて利用し、作成時に特定したアカウントのツイートにより攻撃を実現する。未確認だが、SDKツールの開発者が指定するアカウントからの命令についても受け入れる可能性があるという。

特定のURLにアクセスさせる「.VISIT」や「Text-to-Speech 」により音声で発話させる「.SAY」のほか、特定のURLからファイルをダウンロードさせて実行する「.DOWNLOAD」や特定の攻撃へアクセスする「.DDOS」、タスクを終了する「.STOP」や休止する「.REMOVEALL」など多彩なコントロールを実現している。

BitDefenderでは、今回同社が確認した「TwitterNET Builder」について、リバースエンジニアリングや検出、強制終了などから保護する機能は持ち合わせておらず、実験的な色彩が強いと指摘。同社では作成されたボットプログラムを「Trojan.TweetBot.A」として検出し、削除できる無料ツールをサイト上で無償で提供している。

(Security NEXT - 2010/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン
闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
「WordPress」向けBestWebSoft製プラグイン51種にXSSの脆弱性
KDDIを装う「緊急速報」メールに注意 - auが呼びかけ
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
研究者のTwitterアカウントなどが乗っ取り被害 - PW使い回しが原因か
フィッシング対策協議会、サイト改ざんについて中間報告 - 原因特定できず
ランサムウェア「Petya」の復号化キー作成ツールが公開