Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「.co」ドメインの申請受付が開始 - レジストラは「フィッシング対策」でアピール

コロンビアの国別トップレベルドメイン「.co」が、同国内の現地法人以外に対して解禁となる。現在、商標登録者を対象とした優先登録の申請受付が行われている。

従来同ドメインの利用は、コロンビア国内の現地法人に限定されていたが、レジストリである「.CO Internet S.A.S.」が2009年に設立、2月に規則を変更し、申請の受付を開始したもの。

すでにコロンビア国内の商標保有者を対象としたローカルサンライズが終了しており、現在は2008年7月30日以前に商標権を取得したアルファベットによる商標権保有者を対象に優先的に申請を受け付ける「グローバルサンライズ」が行われている。ただし日本語の商標権は対象外。

グローバルサンライズの申請期間は6月10日までで、6月21日から7月13日まで先行登録期間が予定されている。いずれも同一ドメインへ複数申請が行われた場合はオークションにより取得者が決定となる。先行登録期間終了後は、一般受付開始後は、取得する権利は申し込み順で決定する。

(Security NEXT - 2010/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
「カードが虐待されている」? - セゾンカード装うフィッシング攻撃に注意