Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、オープンソースのウェブアプリ脆弱性スキャナを公開 - SQLインジェクションなどに対応

米Googleは、オープンソースのウェブアプリケーションの脆弱性スキャナ「Skipfish 1.19」を公開した。Google codeより無料でダウンロードすることができる。

同ソフトでは、「SQLインジェクション攻撃」をはじめとする「コマンドインジェクション攻撃」のほか、「ディレクトリトラバーサル」「クロスサイトスクリプティング」「cookie処理のミス」「クロスサイトリクエストフォージュリ」「MIME処理の問題」などチェックすることができる。

C言語により開発されており、インターネット上のサイトを対象であれば500回以上、さらにLAN環境であれば2000回、ローカル環境であれば7000回以上のリクエストを発行することが可能。

ライセンス体系は「Apache License 2.0」で、「Linux」や「FreeBSD 7.0+」「MacOS X」に対応しており、「Windows」についても「Cygwin」をインストールすることにより利用できる。

(Security NEXT - 2010/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
脆弱性の影響や対応状況の可視化サービス - NTTコム