Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー犯罪被害者の前にそびえる「3つの壁」

サイバー犯罪などに詳しい弁護士の紀藤正樹氏によれば、サイバー犯罪の解決には3つの壁があるという。同氏は、被害を受けてからでは対策が難しい状況があるとし、身を守るために「自衛」を呼びかけている。

シマンテックが去る2月23日に、コンシューマ向け新製品「ノートン360バージョン4.0」を発表し、マスコミ向けに発表会が開催されたが、同日ゲストスピーカーとして招かれた同氏が、サイバー犯罪の現状について講演したもの。

同氏はインターネット上にさまざまな犯罪があり、故意による明らかな不正アクセス禁止法違反がある一方、不安や迷惑行為、モラルに反した行為や、過失などさまざまなケースが存在し、すべてが「犯罪化」できない状況について解説した。

インターネットの普及がはじまった95年に「ハイテク犯罪対策センター」が設立され、その後組織強化など行われたが、2008年に入ってやっと逮捕者が出た段階。さらにサイバーテロ的な不正アクセスについては、日本国内では1件も検挙がない。

(Security NEXT - 2010/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数