Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性診断環境を提供するクラウド型サービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、脆弱性診断環境を提供するサービス「Bizセキュリティ 脆弱性マネジメント」を、2月1日より提供開始する。

同サービスは、同社のセキュリティオペレーションセンタ「NTT Com SOC」が、ネットワーク機器やサーバなどに対して脆弱性診断環境を提供するもの。米Qualysのリモート診断ソフト「QualysGuard」を採用し、同社のクラウド基盤と組み合わせて提供される。

定額制のため、契約期間中は何度でも診断でき、結果は専用サイトから管理できる。スケジュール設定による自動診断と、手動による随時診断に対応。オプションとして、セキュリティ専門エンジニアによるコンサルティングサービスを用意した。

システム構成がインターネット上の公開機器32IP、イントラネット上の機器500IPの場合、初期費用が30万円、月額利用料が130万円。

(Security NEXT - 2010/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks