Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Security Essentials」を利用して詐欺を目論むサイト - G Dataが注意喚起

マイクロソフトを偽装したサイトで騙し、本来無料である「Microsoft Security Essentials」のダウンロード時に、料金を請求する新手の詐欺サイトがあるとして、G Data Softwareが、注意を呼びかけている。

G Dataによれば、「Microsoft Security Essentials」は、マイクロソフトより無料で提供されているにも関わらず、問題のサイトでは、ダウンロード時に個人情報とクレジットカード情報の入力が求められ、1年版で19.50ユーロ、3年版で35.94ユーロの支払いが請求されるという。

料金が発生する根拠としてサポート費用などとしており、サイト上のFAQにも、料金が発生することが明記しているが、トップページや登録画面には説明がなく、ユーザーが気付くには困難な作りだった。

正規サイトと勘違いするようなドメインを利用するなど巧妙な手口であり、G Dataは、正規サイトに見せかけた悪質な詐欺サイトと指摘。誤って料金を支払わないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブ閲覧中の偽警告画面に注意 - 8月だけで相談200件
「ウイルス検出」とだます偽警告への相談、引き続き増加傾向
音楽配信サービス「Spotify」に不正広告 - マルウェア感染報告も
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも
マルウェア拡散の踏み台にされる日本マンガ - 海賊版サイトに潜む危険
夏場にあわせて詐欺サイトも変化 - 水着通販の偽サイトも
6月は不正サイト検知数が微増 - 大きな変化見られず
5月の不正サイトは前月から微減 - 9割以上が詐欺サイト
「Apple Watch」で誘う詐欺サイトに注意 - 割引販売で誘引