Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ

教育新聞の電子版において不正アクセスによる改ざんが発生し、アクセスすると不正サイトへ誘導される可能性があったことがわかった。

同紙を発行する教育新聞社によれば、7月3日6時から21時ごろにかけて、同サイトが改ざんされた状態に陥ったという。期間中にアクセスすると、悪意あるサイトへ誘導される可能性があった。

誘導先のサイトでは、偽セキュリティ対策ソフトのダウンロードなどが要求され、表示をクリックしたり個人情報を入力すると、マルウェアに感染したり情報が窃取されるおそれがあったという。

同社では、改ざん部分を修正。セキュリティ強化とサーバのセキュリティチェックを行ったうえで、同サイトを再開した。会員の個人情報流出については否定している。

また改ざんされた期間中にアクセスした利用者に対し、マルウェアに感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 高知言語聴覚士会
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
チーズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起