Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「お笑い」「アクション映画」「初詣」と「セキュリティ」

2010年が明けた。年明け前後に多くの企業において、ウェブサイトが改ざんされる被害が広がっている。

2009年末に専門機関やセキュリティベンダーが注意喚起を発し、Security NEXTでも数々の話題を取り上げてきたが、その一方、12月半ばの時点ですでに改ざんが行われ、そのまま気がつかず年を越した企業があったりと、次々と被害が明らかとなっている。

2010年の動向について、攻撃の巧妙化など指摘するセキュリティベンダーも少なくなく、セキュリティ担当者にとって、気が抜けない1年が再びはじまったことを象徴しているかのようだ。

なんとも年明け早々気が滅入る話だが、一方で「情報セキュリティ」や「ウイルス」に対する注目が、徐々に世の中で高まりつつあることを、端々に感じさせる出来事が年末年始にあった。

(Security NEXT - 2010/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALを装うなりすましメールに注意 - Facebookで不審な投稿も
学生向けCTFコンテストを11月に都内で開催 - NRIセキュア
海外子会社に不正アクセス、顧客情報が流出 - みずほ銀
【特別企画】内部に潜伏する未知の脅威への対策 - ある通信キャリアが打った「先手」とは?
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
地方セキュリティ人材の育成方策を取りまとめ - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
標的型攻撃が「Slack」や「GitHub」を悪用 - コード入手やコマンド実行の通知手段に