Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「お笑い」「アクション映画」「初詣」と「セキュリティ」

2010年が明けた。年明け前後に多くの企業において、ウェブサイトが改ざんされる被害が広がっている。

2009年末に専門機関やセキュリティベンダーが注意喚起を発し、Security NEXTでも数々の話題を取り上げてきたが、その一方、12月半ばの時点ですでに改ざんが行われ、そのまま気がつかず年を越した企業があったりと、次々と被害が明らかとなっている。

2010年の動向について、攻撃の巧妙化など指摘するセキュリティベンダーも少なくなく、セキュリティ担当者にとって、気が抜けない1年が再びはじまったことを象徴しているかのようだ。

なんとも年明け早々気が滅入る話だが、一方で「情報セキュリティ」や「ウイルス」に対する注目が、徐々に世の中で高まりつつあることを、端々に感じさせる出来事が年末年始にあった。

(Security NEXT - 2010/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、「サイバーセキュリティ月間」関連行事の募集を開始
自動運転に半数弱が「関心あり」 - サイバー攻撃対策求める声も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
脆弱性報告の報奨金が期間限定で最大5倍に - サイボウズ
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
Google Playに複数の偽「WannaCry対策アプリ」 - 便乗アプリに注意を
「WannaCrypt」騒ぎの裏で情報窃取マルウェアがメールで大量拡散 - 半数は「駐禁報告書」偽装
注目事件へ便乗するマルウェアメールに注意を - 「WannaCrypt」騒ぎにも便乗か
JNSA、2017年1月に都内でシンポジウムを開催 - ゲームを用いたワークショップも
「FIDO 1.1」がリリース、普及促進に向けて国内WGが発足