Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「お笑い」「アクション映画」「初詣」と「セキュリティ」

2010年が明けた。年明け前後に多くの企業において、ウェブサイトが改ざんされる被害が広がっている。

2009年末に専門機関やセキュリティベンダーが注意喚起を発し、Security NEXTでも数々の話題を取り上げてきたが、その一方、12月半ばの時点ですでに改ざんが行われ、そのまま気がつかず年を越した企業があったりと、次々と被害が明らかとなっている。

2010年の動向について、攻撃の巧妙化など指摘するセキュリティベンダーも少なくなく、セキュリティ担当者にとって、気が抜けない1年が再びはじまったことを象徴しているかのようだ。

なんとも年明け早々気が滅入る話だが、一方で「情報セキュリティ」や「ウイルス」に対する注目が、徐々に世の中で高まりつつあることを、端々に感じさせる出来事が年末年始にあった。

(Security NEXT - 2010/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
グローバルでは認証で「利便性」より「セキュリティ」を優先
Flashゼロデイ攻撃、北朝鮮攻撃グループ「TEMP.Reaper」が関与 - FireEye分析
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 政府が意識向上を呼びかけ
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴
北朝鮮関与の攻撃グループ、仮想通貨関連企業へ標的型攻撃