Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティ設定を確認できる無償ツール - 手始めは「オートラン機能」

情報処理推進機構(IPA)は、Windowsのセキュリティ設定項目を確認できる「MyJVNセキュリティ設定チェッカ」を公開した。

同ソフトは、ウイルスの感染に悪用されることが多い「USBメモリの自動実行機能」など、Windowsのセキュリティ設定を確認できる無償ツール。対応OSは、「Windows XP SP2」「同SP3」および「Vista」。動作には「Internet Explorer 6」「同7」あるいは「Firefox 3」と「JRE」が必要。

今回提供を開始したバージョンにおいてチェックできるのは、「USBメモリ自動実行に関するパッチの適用」と「USBメモリ自動実行機能の無効化設定」の2項目。今後は、パスワードの最低文字数やパスワードの有効期間、スクリーンセーバーの自動実行などのチェック機能を順次追加していく予定。

(Security NEXT - 2009/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加