Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、2009年最後となる定例セキュリティ更新プログラム6件を公開 - IEの深刻な脆弱性も解消

マイクロソフトは、定例としては2009年最後となるセキュリティ更新プログラム6件を公開した。

緊急度がもっとも高いとされる「深刻」は3件。なかでも、すでに脆弱性が公開されており、同社でも11月24日にアドバイザリを公開するなど、早急な対応が必要とされるIEの「Microsoft Active Template Library(ATL)」に関する脆弱性についても、他4件の未公開脆弱性とともに「MS09-072」で対処した。

また「Microsoft Office Project」の脆弱性や、インターネット認証サービスを使用するサーバが「MS-CHAP v2」を使用するPEAP認証を使用している場合に影響を受ける脆弱性など、リモートでコードが実行されるおそれがある脆弱性を解消するプログラム「MS09-072」「MS09-071」を公開した。

残り3件は、いずれも深刻度は「重要」のプログラム。Active Directoryサーバ間で連携に用いるフェデレーションサービス(ADFS)の脆弱性を解消するプログラム「MS09-070」のほか、ワードパッドやOfficeテキストコンバーターに含まれる不具合を解消するプログラム「MS09-073」、「Local Security Authority Subsystem Service (LSASS)」の脆弱性に対応した「MS09-069」を提供している。

30日以内に不正コードが出現する可能性がある「悪用可能性指標」については、「MS09-072」で解消した4件の脆弱性がいずれも「安定した悪用コードの可能性」となっている。

また「MS09-070」についても悪用コードが登場するおそれがあるが、悪用するには攻撃者が認証を受ける必要があることから、深刻度は「重要」とされている。

またあわせて公開された「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、ダウンローダーである「W32/Hamweq」の駆除に対応している。

2009年12月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms09-dec.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大