Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FBIからテロで逮捕状、ネットワークを監視する」 - JNSA騙る脅迫メールに注意

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)を装った不審メールが発生しているとして、同協会では注意を呼びかけている。

同協会によれば、問題のメールは英文で「FBIによりテロ行為へ関わったとして逮捕状が出ている」とし、ネットワークを監視しているなどと脅迫する内容で、本文にJNSAの名称や住所、電話番号なども記載されていたという。

現時点で、不審メールを用いてウイルスへ感染させる行為などは確認されていないが、同協会ではこうしたメールをいっさい送付していないとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
通販サイトかたるメールに注意 - マルウェアサイトへ誘導
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
J-CSIPによる標的型攻撃の共有数がゼロに - 巧妙化による「検知逃れ」の可能性も
セキュリティベンダーのプレスリリースを装う「なりすましメール」 に注意を
標的型攻撃メールが約6分の1に - 正規証明書でコード署名されていたケースも
標的型攻撃メールが約4倍に急増 - 特定攻撃者が活発化
2016年2Qの標的型攻撃メールは35件 - PW付きrarファイルで検知回避狙う
政府が検知した脅威、2015年度は約613万件 - 前年比1.5倍へ拡大