Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス感染で「パソコン起動しない」現象が今月中旬以降に急増 - 「画面にマウスカーソルだけ」「立ち上がらない」症状

トロイの木馬「Daonol」へ感染したことにより、パソコンが立ち上がらなくなるといったトラブルが一部で発生している。一部PCメーカーのサポート窓口にも、感染が原因と見られる問い合わせが急増している。

原因となっているウイルスは、トロイの木馬「Daonol」の亜種。感染すると、起動した際にマウスカーソルだけが表示されたり、セーフモードでも起動しなくなるといった現象が発生する。

富士通によれば、10月15日以降、「パソコンが起動しなくなった」といった内容の問い合わせが急増。多くが今回のウイルス感染が原因と見られる内容で、同社の問い合わせ窓口や故障や修理窓口で混雑が発生。セキュリティ対策を呼びかけた。

またトレンドマイクロでも、同時期から企業や個人ユーザーから似たような症状に関する問い合わせが複数寄せられており、対応を進めている。

現象を確認したとしてマイクロソフトのセキュリティチームも同ウイルスについてブログで言及している。同チームによれば、「Windows XP」へ感染するが、最新OS「Windows 7」や「Windows Vista」には感染しないという。

感染経路は、メールに添付されたマルウェア経由でダウンロードされるケースと、ウェブ経由で感染する可能性があるが、Windowsやアプリケーションを最新の状態へアップデートしておくことにより感染を防げるとして、あらためてユーザーへ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
JC3、マルウェア付きメールの送信日や件名を一覧化したページを公開
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
NTT東と楽天が協業、楽天市場の4.4万店向けにセキュリティサービス
「NTTコミュニケーションズ」のなりすましメールに注意 - 添付ファイルはマルウェア