Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの月例パッチ、10月は13件となる見込み - 深刻度「緊急」も8件

マイクロソフトは、10月の月例セキュリティ更新プログラムの公開予告を行った。深刻度「緊急」8件を含む13件を14日に公開する予定。

深刻度がもっとも高い「緊急」とされるプログラムは、「Windows」や「IE」、「Office」「Silverlight」「SQL Server」「Forefront」「開発ツール」の脆弱性へ対処する8件について同社では用意を進めている。いずれも脆弱性が悪用された場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

残る5件はすべて2番目に深刻度の高い「重要」となっており、いずれも「Windows」関連のプログラム。コード実行のほか、なりすましや特権の昇格、サービス拒否などの脆弱性に対応する予定。

マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知 - 2009年10月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms09-oct.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み
「Apache Struts」のアップロード機能に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Apache Tomcat JK mod_jk Connector」にURI制限をバイパスされる脆弱性
「WordPress」向けカレンダープラグインにXSSの脆弱性
複数無線LAN製品に脆弱性「BLEEDINGBIT」 - TI製BLEチップに起因、医療機器にも影響か