Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

記載ミスで裁断処理されるはずのCT報告書が外部へ - 神奈川の県立病院

神奈川県立循環器呼吸器病センターにおいて、誤って作成されたCT報告書2人分が、外部に流出していたことがわかった。拾得者からの連絡により判明したという。

一時紛失したのは、同センターで9月24日に作成されたCT報告書のうち、記載に誤りがあったためシュレッダーで裁断処理されるはずだった5枚。患者2人分の氏名、ID、検査日、年齢、性別、病名、画像所見などが記載されていた。

9月26日、横浜市金沢区の国道付近で拾得したとの連絡があり、10月2日に回収した。同センターでは、書類が紛失した経緯について調査を行っている。

(Security NEXT - 2009/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院
患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明 - 北里大学東病院