Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インフラの運用、監視技術者を育成して派遣するプログラム - テンプスタッフ子会社

テンプスタッフ・テクノロジーは、ITインフラの運用や監視を行うエンジニアを育成し、企業へ派遣するプログラムを9月7日より開始する。

今回開始する「ICTブラッシュアッププログラム」は、ネットワークやサーバー関する基礎技術を持つ経験者を対象に研修を実施、資格取得を支援するプログラム。研修費用は同社が負担し、研修終了後に資格取得試験の合格者をデータセンターやインターネットサービスプロバイダーなどへ派遣する。

PCの基礎技術を持つユーザーについては「.com Masterシングルスター」を、テクニカルサポートとして派遣。ネットワークサーバ経験者については「LPIC Level1」「CCNA」「MCP 2003 Server」などの資格取得を目指す。企業への派遣は10月1日より開始する予定。

同社では、2010年3月末までに同プログラムを3回実施し、約30人のエンジニアの育成したいとしている。

(Security NEXT - 2009/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設
情報処理学会、公式LINEスタンプをリリース - 情報技術者の世界観を表現
三井住友銀と日本総研、WatsonでFS-ISACの脅威情報を解析
三井住友銀とNECら3社、セキュリティ人材の育成事業で協業
仕様書に沿ったサイバー攻撃対策のカスタマイズ演習コースを提供 - DNP
DNP、実践演習で学ぶサイバー攻撃対応人材の育成サービス
DNP、サイバーレンジの疑似攻撃で訓練するイスラエル製サービス
ラック、組織が遭遇しうる「標的型攻撃」への指南書 - 500日プランを提案
ラック、安全性と性能の両面から診断する新サービス