Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開

ラックとNEC Asia Pacificは、アジア太平洋地域のサイバーセキュリティ分野で協業する。

それぞれのノウハウや技術などを共有し、アジア太平洋地域におけるサイバーセキュリティソリューションの提供に向けて協業したもの。

今回の協業を通じて両社は、中堅中小企業を対象とした監視サービスを2019年末までに投入する予定。ラックのセキュリティオペレーションセンターや緊急対応のノウハウを自動化し、クラウドを活用することで価格を抑えたサービスを展開したいとしている。

また啓発から技術者の育成まで含めたトレーニングサービスなどもあわせて提供。さらにラックではSOCにおける対処能力の向上などNEC APACを支援していく。

(Security NEXT - 2019/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア