Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Firefox 3.5」のJavaScript処理に深刻な脆弱性

最新版となる「Firefox 3.5」のJavaScript処理において深刻な脆弱性が見つかった。同ソフトを開発するMozillaやセキュリティ研究者などが注意を呼びかけている。

同ソフトに含まれる「Just-in-time JavaScriptコンパイラ」に脆弱性が見つかったもので、不正なコードを含むウェブサイトを閲覧するなど脆弱性に対して攻撃が行われた場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

脆弱性を回避するにはセーフモードで利用するか、アドレスバーに「about:config」を入力し、表示されるconfig画面から「javascript.options.jit.content」の設定を「false」へ変更することで対応できる。

Mozilla Security Blog
http://blog.mozilla.com/security/

(Security NEXT - 2009/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けプラグイン「LoginPress」に脆弱性
2009年10月以降出荷のパナ製Windows PCに脆弱性 - 修正ユーティリティを公開
Ciscoのライセンス管理製品に深刻な脆弱性 - SQLiによりシェルの実行も可能に
Sennheiserのヘッドセット用ソフトに脆弱性 - アンインストール後も影響
「EC-CUBE」にオープンリダイレクトの脆弱性 - 修正版などリリース
「Samba」に複数の脆弱性、パッチの適用を
リコー製電子ホワイトボードに複数の脆弱性
脆弱ライブラリ同梱した「Apache Struts」、「Webex」などCisco製品にも影響
「Apache Struts」のアップロード機能に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
Schneider Electric製PLCに脆弱性 - アップデートは未提供