Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報処理技術者試験で試験時間不足が発生 - 対象者に次回試験へ振替を実施

情報処理推進機構(IPA)は、4月19日に実施した2009年度春期情報処理技術者試験の一部会場において、試験時間の不足が生じたと発表した。

基本情報技術者試験の午前試験時間が7分間不足したもの。同機構では今回の問題を受け、対象となる受験者に対して次回試験へ振り替えを実施するほか、原因究明や再発防止対策を進めている。

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
2017年秋期セキュマネ試験、合格率は50.4% - 非IT系企業がIT系企業上回る
「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
国内防衛産業を標的としたサイバー攻撃 - サンドボックスの突破技術など搭載
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
高速道路の情報板に「ミサイル落下情報通行止」と誤表示 - NEXCO西日本
国家試験「iパス」、最年少合格記録を更新