Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報処理技術者試験で試験時間不足が発生 - 対象者に次回試験へ振替を実施

情報処理推進機構(IPA)は、4月19日に実施した2009年度春期情報処理技術者試験の一部会場において、試験時間の不足が生じたと発表した。

基本情報技術者試験の午前試験時間が7分間不足したもの。同機構では今回の問題を受け、対象となる受験者に対して次回試験へ振り替えを実施するほか、原因究明や再発防止対策を進めている。

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「情報処理安全確保支援士」に2206人が新規登録 - 経過措置対象者が6割強
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
埼玉県、准看護師試験の解答を開始前に誤って公開 - 試験結果に影響なし
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
高校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野県
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供