Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログ取得など新機能を追加したID管理製品最新版 - 日立ソフト

日立ソフトウェアエンジニアリングは、新機能を追加したID管理製品の最新版「SR-Account」を、3月30日より発売する。

同製品は、ID統合管理製品群「SRシリーズ」のID管理製品で、複数システムのユーザーIDを一元管理実現するソリューション。

最新版では、契約やパートなどの非正規従業員、および一時入館者のID申請がウェブ画面から可能になった。また、IDに関するログを取得し、IDに対する申請、管理、監査、認証の一元化が可能となった。

今回、SRシリーズの他製品も新機能が追加されている。シングルサインオンを実現する「SRGate」では、Windows認証との連携やシングルサインオン用のURL生成が可能になった。また特権IDの一元管理を実現する「SR-AdminSupport」では、特権IDの管理対象にUNIX系OSが追加された。

(Security NEXT - 2009/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立