Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月上旬に判明した個人情報漏洩事故6件を公表 - 横浜市

横浜市は、3月1日から6日の間に判明した個人情報に関わる事故6件について公表した。

同市によれば泉区役所では、戸籍課証明発行窓口において「住民票記載事項証明書」1通の誤交付が発生。申請書と証明書の内容確認を怠ったため、別人の証明書を交付したもので3月2日に問題が判明した。

一方神奈川区の片倉三枚地域ケアプラザでは、2月28日にファックスの誤送信が発生。利用者2人の個人情報を誤って第三者宅へ送信したという。

また同市が業務を委託しているNPO法人で3月5日にメールの誤送信が発生。市民活動共同オフィスの元入居団体26団体にメール送信した際、団体スタッフ1人の名字とメールアドレスをメールの件名へ誤って記載したまま送信した。原因は操作ミスでチェックも不十分だったという。

このほか、戸塚区の原宿地域ケアプラザにおける薬の誤返却や、緑区における表彰状2枚の紛失、鶴見駅西口行政サービスコーナーでの外国人登録原票記載事項証明書の誤発行など3件の事故について公表した。いずれも関係者への説明および謝罪など行っている。

(Security NEXT - 2009/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト売買仲介サービスから顧客情報約1.4万件が流出 - GMO
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
委託先従業員が顧客クレカを不正利用 - ビューカード
特別支援学級に関するノートが所在不明 - 大阪市
メルマガ誤送信で顧客の個人情報が流出 - テクノル
公開領域に残存した移行用データが外部流出、個人情報約1.2万人分 - HIS
人事採用管理システムのバックアップが外部から閲覧可能に - パーソルキャリア
名刺を収納したファイルが所在不明に - 野村證券
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構