Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎の書式処理に深刻な脆弱性 - アップデートが公開

ジャストシステムは、同社のワープロソフト「一太郎シリーズ」に脆弱性が存在しているとして、アップデートを公開した。同社では、詳細について調査を進めている。

同社によれば、3月11日に書式情報の処理部分に任意のコードがリモートで実行される脆弱性を確認したもので、「一太郎2008」シリーズをはじめ、体験版や旧バージョンも影響がある。

不正に細工された文書ファイルを開いたり、ウェブサイト上の文書ファイルをプラグインなどで開いた場合、コンピュータが乗っ取られ、マルウェアがインストールされたり、データが破壊されるといった被害を受けるおそれがある。同社によれば、脆弱性が悪用されたことによる実被害は確認されていないという。

同社では脆弱性へ対応するセキュリティ更新モジュールやアップデートモジュールを用意しており、導入を強く推奨している。また身に覚えがないファイルなど、出所がわからないファイルを誤って開かないよう注意を呼びかけている。

[JS09001] 一太郎の脆弱性を悪用した不正なプログラムの実行危険性について
http://www.justsystems.com/jp/info/js09001.html

ジャストシステム
http://www.justsystem.co.jp/

(Security NEXT - 2009/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化