Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム開発で利用できる「疑似個人情報」 - カード番号と口座番号を追加

People to People Communicationsは、統計データをもとに作成した架空の個人情報「疑似個人情報 ver.2」の提供を開始した。

同サービスは、氏名や住所、生年月日などの統計データをもとに、架空の個人情報「疑似個人情報」を作成、提供するもの。システム開発においてテストデータやダミーデータとして利用することができ、漏洩などが発生した場合にも実被害を防ぐことができる。

今回発売された最新版では、架空のクレジットカード番号と銀行口座番号を追加。生成されるカード番号は、番号が正しいかどうかをチェックする数字「チェックディジェット」が誤っているため、実際に利用することはできない。また口座番号は実在しない銀行の番号を利用しているため、漏洩しても被害が発生するおそれはないという。

価格はデータ10万件あたり3万円。専門サイトを通じて販売される。

(Security NEXT - 2009/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
流出監視機能を備えたPW管理サービス - ニフティ
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス