Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバネットシステムら、ファイルサーバアクセスログ監視ツールを発売

サイバネットシステムと子会社のケイ・ジー・ティーは、共同でファイルサーバのファイルアクセスログ監視ツール「Ci-Audit for File Server」を3月1日より発売する。

同製品は、監視の対象となる「Microsoft Windows Server」にエージェントを導入することにより、標準機能取得するイベントログとは別に、作成、読込、更新、削除、リネームなどファイルへのアクセスログを取得できる監視ツール。あらかじめ禁止した操作を行った場合に、管理者へメールで通知することができる。

またファイル名や期間による検索を実施した上で、ユーザー名や操作などの条件で絞込み検索を行うことが可能。また「Microsoft SQL Server Express Edition」が付属しており、導入規模によっては別途SQLサーバを購入せずに運用することができる。

(Security NEXT - 2009/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研