Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話にも搭載可能な指静脈認証技術を開発 - ソニー

ソニーは、指位置の自動補正機能を実装し、携帯電話やパソコンなどにも搭載できる小型の指静脈認証技術「mofiria」を開発した。同社ではモバイル機器やセキュリティシステムへの搭載、ソリューションサービスの展開など、2009年度中の商品化を目指している。

同技術は、独自の光学メカニズムとアルゴリズムを活用した指静脈認証技術。LEDから発光された近赤外光を指静脈にあて、体内で散乱した光をセンサーで読み取る反射散乱方式を採用。光を一方向から斜めに当てるため平面に配置可能で、機器に組み込む際もサイズを小型化できる。

また、画像から抽出した静脈パターンのデータを約10分の1に圧縮してメモリに蓄積することで、モバイル機器にも搭載可能な小容量の照合データを実現した。さらに指位置の自動補正により指位置を固定する必要がないなど、快適な操作性も目指したという。

(Security NEXT - 2009/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
FIDO認証導入のコンサルティングサービス
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開