Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準」第4版が決定

情報セキュリティ政策会議により「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準(第4版)」が決定された。

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC) が、12月10日から1月13日まで同基準に関する意見募集を実施し、その結果をふまえて情報セキュリティ政策会議にて決定したもの。

今回の意見募集では、情報処理学会や日本ネットワークセキュリティ協会といった関連団体や富士通、ラックといった企業など11団体のほか個人から33件の意見が寄せられた。同センターでは意見に対する考え方を公表しており、一部追記や修正が行われている。

(Security NEXT - 2009/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「改正サイバーセキュリティ基本法」が成立
NISC、サイバーセキュリティ基本法に基づき厚労省に勧告
NISC、政府調達のセキュリティ要件策定マニュアルを改訂
「ITセキュリティ評価及び認証制度」の説明会を6月に開催 - IPA
経産省、IT製品調達のセキュリティ要件リスト案の意見募集を開始
政府のグループメールサービス利用は14機関で95件 - 機密情報漏洩は確認されず
政府機関の統一技術基準が改定 - 標的型攻撃対策の既定追加
NISC、政府セキュリティ対策基準案のパブコメを実施 - 標的型攻撃対策を追加
各省庁に委託サイトのセキュリティ対策徹底求める - NISC
NISC、政府機関に注意喚起を実施 - 標的型攻撃の狙いは認証サーバ