Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリ管理ソフトにウイルス感染防止機能などを追加 - バッファロー

バッファローは、USBメモリ管理設定ソフトウェア「SecureLock Manager」のバージョンアップを2月5日に実施する。

同ソフトは、同社のUSBメモリ「RUF2-FHSシリーズ」「RUF2-HSCWシリーズ」「RUF2-HSCUWシリーズ」向けに提供されているセキュリティポリシーの管理ソフト。今回のバージョンアップでは、「プロダクトストリング変更機能」を追加した。

同機能では、マスターキーファイルから自動生成された文字列をプロダクトストリングに付加することでUSBメモリの区別を実現。管理者が使用を認めていないUSBメモリの使用を禁止することができる。

さらにオートラン機能を悪用するウイルスの感染拡大を防止する「AutoRunウィルス対策機能」を追加。「autorun.inf」ファイルが不正に書き換えられた場合に警告するほか、自動的に修復し、感染を防止する。

アップデートプログラム「Ver.1.65」は同社サイトにて提供される予定で、ダウンロードにより入手することができる。

バッファロー
http://buffalo.jp/

(Security NEXT - 2009/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社