Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アラート機能とトレース機能を搭載したPCログ取得ツールの最新版 - クオリティ

クオリティは、アラート機能やトレース機能をあらたに追加したクライアントPC操作ログ取得ツール「QOH(Quality Operate Hawkeye) Ver.2.0」を発売した。価格はオープン。

同製品は、クライアントPCの操作ログを取得するツール。プロセス起動やドキュメントアクセス、ウェブアクセス、メール送受信、ファイルやプリンタの操作など、11種類の操作ログを取得することができる。

最新版では、あらかじめ設定した社内ポリシーに違反した行為を検知した場合、管理者とユーザーに通知するアラート機能があらたに搭載された。

また、指定したキーワードから複数のログを検索し時系列に表示するトレース機能や、コンソールを利用してログを閲覧したシステム管理者の記録を残す「コンソール操作ログ取得機能」を追加した。

(Security NEXT - 2009/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
JPCERT/CC、「Emotet」感染チェックツール「EmoCheck」を公開
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
セキュリティ面のデューデリサービス開始 - EGセキュア
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション