Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトとの連携で暗号化を実現する「Opal SSC」対応HDD技術を開発 - 富士通

富士通と富士通研究所は、暗号化機能を搭載した2.5インチハードディスクのセキュリティ技術を開発したと発表した。

今回発表されたは、国際標準化団体であるTrusted Computing Group(TCG)が1月27日に発表したストレージセキュリティの新仕様「Opal Security Subsystem Class(Opal SSC)」へ対応した技術。富士通はTCGの主要メンバーで、Opal SSC仕様の策定に参加している。

今回開発された技術では、対応ハードディスクとアプリケーションを組み合わせることにより、PC起動時にユーザーへ認証を求める「プリブート認証」を実現。OSが起動する前に生体認証やICカードなど、パスワード以外の認証を求めることができる。

またハードディスクのパーティション領域に対して暗号化を行い、許可されたユーザーのみ利用可能とする「セキュアパーティション」を提供する。

同社では、McAfeeやSECUDE、Wave Systems、WinMagicなどソフトウェアベンダーと協力し、今回の技術を活かしたセキュリティ機能の提供に向けて開発を進めているという。

(Security NEXT - 2009/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品