Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「暗号アルゴリズム確認制度」を提供開始 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、暗号アルゴリズムの確認を実施する「暗号アルゴリズム確認制度」の運用を開始した。

同制度は、試験機関が実施した暗号モジュールの試験結果から、暗号アルゴリズムが適切に実装されているか認証機関であるIPAが検証するもの。専用のツールを用いて1週間程度の実装試験を実施し、適正だった場合、暗号アルゴリズム確認書を発行する。

暗号モジュールの実装や、セキュリティの確保が行われているか確認する「暗号モジュール試験および認証制度(JCMVP)」の一部として提供されていたが、JCMVP関係者以外からも要望が多かったことから独立して実施できるようにしたという。

(Security NEXT - 2009/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス