Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童の個人情報含むFDを紛失 - 静岡県の特別支援学校

静岡県立中央特別支援学校の教諭が、担当する児童の個人情報を記録したフロッピーディスクを紛失したことがわかった。

所在不明となっているのは、同教諭が担当している病院内学級の児童3人に関する生活や学習内容を記録していたディスク。教諭が2008年12月16日に職員室内のパソコンで使用した後、机の引き出しに収納したが、1月6日に使おうとしたところ紛失が判明。ディスク内のファイルにはパスワードが設定されていたという。

紛失の判明後に職員で捜索したが発見できず、同校では9日に、対象児童の保護者や病院に説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
林間学校で個人情報を紛失、拾得者からの連絡で判明 - 大阪市
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市