Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンソースの監視ツール普及目指す協議会 - NTTデータら4社が設立

NTTデータ、サン・マイクロシステムズ、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、ミラクル・リナックスの4社は、オープンソースの統合監視ツールについて普及促進を目指し、協議会を設立した。

「OSS統合監視ツール推進協議会」は、オープンソースとして提供されている監視ツールの認知度向上を目指して設立されたもので、「Hinemos」「MySQL Enterprise Monitor」「GroundWork Monitor」「ZABBIX」などを活用したソリューションを紹介する。

協議会では今回の設立にあたり、ビジネスにおいて統合監視ツールの重要性が増す一方、必要とされる機能に対してオーバースペックだったり、費用面との折り合いが付かず未導入のケースがあると指摘。オープンソースにおける機能面やコスト面のメリットなど、プロモーション活動を展開していくという。

(Security NEXT - 2009/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開
偽サイトのURL、9月だけで1000件超 - フィッシング報告も5カ月連続増
フィッシング報告、17カ月ぶりに1000件を突破 - URLも大幅増
セキュリティや情報モラル教える指導者の養成セミナー - SPREAD
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
フィッシング報告、URLともに3カ月連続で増加 - 偽Appleは短縮URLを愛用
6月はフィッシングサイトが1.5倍に - フィッシングメールは週末狙う傾向
IoT機器のセキュリティ検証プロセスでガイドライン公開 - CCDS