Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンソースの監視ツール普及目指す協議会 - NTTデータら4社が設立

NTTデータ、サン・マイクロシステムズ、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、ミラクル・リナックスの4社は、オープンソースの統合監視ツールについて普及促進を目指し、協議会を設立した。

「OSS統合監視ツール推進協議会」は、オープンソースとして提供されている監視ツールの認知度向上を目指して設立されたもので、「Hinemos」「MySQL Enterprise Monitor」「GroundWork Monitor」「ZABBIX」などを活用したソリューションを紹介する。

協議会では今回の設立にあたり、ビジネスにおいて統合監視ツールの重要性が増す一方、必要とされる機能に対してオーバースペックだったり、費用面との折り合いが付かず未導入のケースがあると指摘。オープンソースにおける機能面やコスト面のメリットなど、プロモーション活動を展開していくという。

(Security NEXT - 2009/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
サイバーセキュリティ基本法の改正案を閣議決定 - 官民情報共有組織の創設へ
フィッシングサイトのドメイン登録を検知する技術を共同研究 - フィ対協と長崎県立大
クレカ取引の「セキュリティ実行計画2018」が策定 - 改正割販法の要件に
CSAJ、データ適正消去実行証明協議会を設立 - データ消去の基準を策定
セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J
フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
日立と慶大、「分散型セキュリティオペレーション」構想を提唱 - インシデント対応を迅速化