Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

駆除が困難なワーム「Downadup」が発生 - エフセキュアが注意喚起

エフセキュアは、新たに発見されたワーム「Downadup」について警告を発している。

別名「Confiker」とも呼ばれる問題のワームは、複数の感染経路を持ち、Windows Server Serviceの脆弱性を悪用して感染するほか、USBメモリに対しても感染するという。年明け以降、同社へ複数の感染報告が寄せられている。

感染した場合はパスワードを盗み出すが、その際にブルートフォース攻撃を行うため、システムがロックされ、利用者自身が自分のアカウントでアクセスできなくなるといった被害も発生。また亜種をインターネット上からダウンロードする。

駆除には、ネットワークを停止するなど煩雑な作業が必要となることから、企業のネットワークに侵入した場合、完全な駆除が難しいと同社では指摘している。

同社は対策として、セキュリティ更新プログラムの適用や最新ウイルス対策ソフトの利用、USBメモリにおけるオートラン機能の停止など対策を呼びかけている。また同社では既存する「Downadup」を除去できるツールを提供している。

(Security NEXT - 2009/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用