Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡市立病院で複数の個人情報漏洩事故が発生

静岡市立病院において、検査用紙の流出やファックスの誤送信など複数の個人情報関連事故が発生したことがわかった。

同院血液浄化センターでは、2008年12月22日に患者の検査用紙を関係ない別の患者が持ち帰る事故が発生。透析治療を受けた患者がベッド脇の記録台に検査用紙を置き忘れ、同日治療を受けた別の患者が誤って持ち帰ってしまったという。

持ち帰った患者が24日に来院した際に検査用紙を回収。氏名や患者ID、生年月日及び検査結果など含まれており、同院では関連する患者に謝罪した。

同院では治療が終了した患者の検査結果用紙の取り扱いについて見直しを実施し、新しい患者の受け入れ準備時に、記録台に書類がないか確認するなど対策を実施する。

また12月21日に患者情報を紹介元の診療所へファックスしようとしたところ、別の診療所に対して送信する事故が発生。翌日、送信先より連絡が入りミスに気がついた。患者の氏名や生年月日、性別、住所、電話番号、病名が含まれており、同院では誤送信先を訪問し、謝罪した上で回収した。

同院は事故原因について、送信時に複数で確認するといった作業が規定どおり実施されていなかったとして、再度対策の徹底を目指す。患者に対しても事情を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2009/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
メールを誤送信、死亡患者情報が流出 - 墨東病院
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院
がん患者情報を誤送信、煩雑さ避けるため個人情報記載 - 横浜市立大病院